会長:吉留 信行 (10期)

会長:吉留 信行
会長:吉留 信行

同窓生のみなさんこんにちは
2019年8月の総会にて承認を頂き この度 魚本前会長の後任として 7代目北雄会会長を務めさせて頂くようになりました 10期の 吉留 信行 です。

本校は平成28年に創立50周年を迎え 卒業生も 15,000人を超え 伝統校としての地位を確立しつつあります。
歴代会長の意思を継ぎ 北雄会の発展と学校の為に寄与できるような活動してまいります。

全国の卒業生のみなさん 引き続きの ご協力・ご支援 どうぞよろしくお願い申し上げます。

令和元年8月

学校長:瀬口 和幸

学校長:瀬口 和幸
学校長:瀬口 和幸

4月より、久保英二前校長の後任として、第19代校長として着任いたしました 瀬口 和幸と申します。
どうぞよろしくお願い致します。
北雄会の皆さまの、本校教育活動に対する心温まるご支援に対して心より感謝申し上げます。
今春、54期生200名を迎え、15クラス、599名で新年度をスタートしました。
「社会の変化に対応し、社会を支え、その発展に寄与する人材」の育成を教育目標に掲げ、国際的な視野に立って、地域で活躍する実践を前面に出して、校訓の知徳体である「体力(健康)」「学力(英知)」「豊かな心(情操)」を伸長させ、それを将来に亘って貫くための校是の「フロンティア・スピリット」を心に刻ませる教育活動を行います。
また、今年度のキャッチフレーズを「挑戦」「北九州愛」として、北九州市の地方創生に貢献する学校を将来ビジョンとして、地域の幼小中大等との積極的な交流や地元行政機関や企業との積極的な連携や、インターンシップや総合的な探求の時間を活用して地域貢献プロジェクトを推進していきます。
そして、生徒の主体性や自発性を伸ばしながら、深い学びに繋がるような体験型の学習機会を多く提供し、生徒の満足度80%を更に向上させ、北九州高校に入学してよかったと思えるような活動を行いたいと思います。
部活動も活発に行われ、多くの部が県大会出場などで活躍しています。
また、女子バレーボール部は6月に行われた九州大会でベスト8の成績を残しました。
進路実績も良好で、国公立大学の進学者も年々増加しており、私立難関大学への合格者も輩出しております。
そのような教育活動が評価され、北九州地区の一般入試では、2年連続最高倍率となり、本校で学びたいと希望する中学生が多くなったことを嬉しく思っています。
教育環境の整備は、校舎の大規模改修が来年度より本格的に開始され、創立60周年記念の前年までには完成する予定です。
北雄会の皆さまに、文化祭や体育大会などの行事にご協力いただいたり、インターンシップなどでも心温まるご支援をいただき、心強く教育にあたることができています。
今後とも変わらぬご支援をお願い申し上げます。最後になりましたが、北雄会のますますのご発展を祈念申し上げます。

平成31年4月

関東支部長:香坂 伸治 (11期)

関東支部長:香坂 伸治
関東支部長:香坂 伸治

全国の 北九州高校の 同窓会『北雄会』会員の皆様におかれましては、益々 ご健勝でご活躍の事とお慶び申し上げます。

過日、東京幹事会のご承認を頂き、令和元年10月より、小平 前関東支部長の後を受けて、6代目の 北雄会関東支部長を務めさせて頂くことになりました、11期生の 香坂伸治 と申します。

北九州高校は 50年を超える歴史を有する学校となりました。
卒業期も51期を超え、15,000名を超える卒業生を輩出するに至っております。
近年、「チャレンジスピリット=挑戦する高校、北九州高校」を旗印に、文化・スポーツ両面で輝かしい在校生の活躍を目の当たりにして、卒業生として 嬉しい限りでございます。
春高バレーでの 北九州高校女子バレー部の 目覚ましい活躍、甲子園に わずかに 届かなかった野球部の活躍は 目の前で 応援させて頂きました。
在校生の 日々の 目覚ましい活躍に、誇りを感じると共に 50年超の伝統も その後押しになった事を信じて止みません。

今後、更なる10年、20年、30年の 輝かしい歴史を紡いでゆく為に、在校生の皆さんへの支援に関して、我々 卒業生に何が出来るか? という事を 常に 念頭に置きながら、微力ながら ここ関東にて 活動を広げて行きたいと考えております。

私自身、関東に身をおいておりますが、常に故郷「北九州」の繁栄を願いながら、母校北九州高校の益々の発展に貢献できる様な関東支部にして参りたいと思います。
その為には、関東圏の卒業生の皆様は勿論の事、全国の卒業生のご協力も不可欠です。
今後共、どうか宜しくお願い申し上げます。

香坂 伸治

株式会社 銀蔵 代表取締役社長 https://ginzo.jp
        

令和2年1月